【2022年】おすすめの海外バイナリーオプション
詳細はこちら
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアのメリット・デメリットについて

ハイローオーストラリアのメリット・デメリットについてハイローオーストラリア

バイナリーオプションを取り扱っている業者には、それぞれ独自の特徴があります。基本的なルールで言えば同じかもしれませんが、様々な条件や搭載されている機能などが異なり、使う業者によって全く違った結果になる可能性もあります。

国内業者と海外業者でも大きな違いがありますが、この場合は後者のほうが人気があります。

国内業者だと日本の厳しい規制を守らないといけないため、どうしてもルールが複雑で儲けにくくなっています。

よってこれからバイナリーオプションを始めるなら海外業者の中から選ぶべきですが、中でもおすすめされやすいのがハイローオーストラリアです。

koara
koara
この業者にはどのようなメリット・デメリットがあるのか、分かりやすくまとめてみました~
ハイロー・オーストラリア
ペイアウト倍率
約1.80~2.00倍
出金日
最短翌日
出金手数料
無料
デモ口座
有り
キャッシュバック
5,000円
25,000円
50,000円
最低入金額
5,000円or10,000円
取引時間
30秒/1分
3分/5分
15分/1時間
1日
営業時間
日本時間
月曜午前7:00〜土曜午前6:00

ハイローオーストラリアの概要

まず最初に、ハイローオーストラリアの概要を見ておきましょう。

  • 本拠地はセントビンセント及びグレナディーン諸島にある
  • 日本語には完全に対応している
  • デモトレードで気軽に試せる

ハイローオーストラリアは名前だけをみるとオーストラリアの業者だと思うかもしれませんが、現在の拠点はセントビンセント及びグレナディーン諸島にあります。

かつては実際にオーストラリアで営業していたものの、そのオーストラリアがバイナリーオプションの取引を禁じたこともあり、拠点を別の国に移すこととなりました。

海外業者ということで日本語の対応状況が気になるかもしれませんが、ハイローオーストラリアはサイト表記もサポート窓口も日本語に対応できています。

国内業者のような感覚でバイナリーオプションが始められます。

ハイローオーストラリアが気になっている方はまずデモトレードから始めてみるのをおすすめします。

デモトレードであれば仮想口座を使った取引となるため、万が一負けが続いても実際の資産には影響がありません。

ハイローオーストラリアのメリット1.ペイアウト率が高い

ハイローオーストラリアのメリットですが、やはりペイアウト率の高さです。

ペイアウト率が高いと勝った際の利益率が高くなりますが、ハイローオーストラリアでは最大で2.3倍となっており、取引数が少なくても利益を出しやすくなります。

また、バイナリーオプションは負けた際に掛け金が没収されるものの、それ以上の損失は発生しないのでリスクのコントロールがしやすいです。

つまりペイアウト率が高いことでのデメリットは皆無なので、ハイローオーストラリアはこれだけでも魅力的な業者だと感じられます。

難易度の低い取引方法でも高めのペイアウト率となっていますので、初心者でも堅実に稼ぐことができます。

ハイローオーストラリアのメリット2.利用者が多く安全

ハイローオーストラリアは海外業者の中でも特に知名度が高いように、利用者はとても多くなっています。

先ほども触れたように国内業者は規制で使いにくくなってしまった分、本格的に稼ぐためにハイローオーストラリアへ移行した人も多いです。

そして利用者が多いということは、安全性も高いと考えて構いません。

仮に詐欺業者であれば利用者がすぐにその悪質さを投稿するため、長く営業することはできません。

一方でハイローオーストラリアにはそうした話もなく、誰もが安心して使っています。

バイナリーオプション初心者は詐欺業者に騙されやすくなっているため、最初はハイローオーストラリアのような利用者の多いところを選ぶべきです。

ハイローオーストラリアのデメリット1.出金方法が少ない

一見するとメリットばかりのハイローオーストラリアですが、いくつかのデメリットもあります。

特に出金方法の少なさについては人気業者として問題があり、現在は銀行振込のみとなっています。

「銀行振込があれば十分では?」と思うかもしれませんが、業者によってはオンラインウォレットや仮想通貨でも受け取ることができるため、ハイローオーストラリアの選択肢が少ないのは事実だと言えます。

入金方法に関してはクレジットカードやビットコインも使えますので、出金方法さえ改善されれば今後はさらに評価も高くなります。

ハイローオーストラリアのデメリット2.日本の金融庁に登録されていない

これはハイローオーストラリア特有のデメリットではなく、日本の規制が影響しない海外業者全般に言えることですが、日本の金融庁には登録されていません。

つまり無登録業者であり、それだけを耳にすると利用を躊躇するかもしれません。

金融庁の注意喚起ではあたかも使うこと自体が禁止されているかのように思えますが、実際は利用しても違法ではありません。

無登録業者というのは「何かトラブルが起こっても金融庁がサポートできない」という意味です。

海外業者の中ではトップクラスの人気と使いやすさを兼ね備える

記事まとめ

ハイローオーストラリアにもデメリットはありますが、海外業者の中ではトップクラスの人気と使いやすさを兼ね備えているため、現在も有力候補です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました