【2022年】おすすめの海外バイナリーオプション
詳細はこちら
bi-winning

bi-winning(ビーウィニング)のショート取引について

bi-winningでのショート取引についてbi-winning

バイナリーオプションの基本的なルールはどの業者であっても変わりませんが、機能などの名称は違いがあります。

同じ名前で統一してくれたほうが利用者は楽ですが・・・。

bi-winning(ビーウィニング)を使う場合もそれは同じであり、他の業者と似ている部分はいくつかあるものの、名称が異なっているところも多いです。

バイナリーオプションに慣れていればすぐに分かるかもしれませんが、まだまだ不慣れだと迷うことがあります。

今回はbi-winning(ビーウィニング)の『ショート取引』について解説します。

koara
koara
どんな取引方法なのか知らない方はぜひチェックしてください~
bi-winning
ペイアウト倍率
約182%~188%
デモ口座
有り
キャッシュバック
  1. 初回入金時5,000円
  2. 毎月取引額に応じた金額
  3. 養分キャッシュバック
  4. 極上養分キャッシュバック
  5. 稀にあるVIPボーナス
  6. 低確率で貰えるジャックポットボーナス
最低入金額
5,000円
銀行振込のみ
取引時間
1分/3分
4分/5分
10分/15分
20分/25分
30分/45分
60分/14時間
21時間

bi-winning(ビーウィニング)のショート取引の概要

bi-winning(ビーウィニング)のショート取引の概要

bi-winning(ビーウィニング)のショート取引とは、『判定時間が短めの取引』となっています。

逆に判定時間が長めの取引だとロングと呼ばれており、他社と比較しても非常に分かりやすくなっています。

具体的な判定時間の種類は以下の通りです。

  1. 1分
  2. 2分
  3. 3分
  4. 4分
  5. 5分

バイナリーオプションは短時間で結果が出せる投資方法ですが、bi-winning(ビーウィニング)のショート取引も同じです。

最短で1分後には結果が分かるため、テンポよく利益を重ねてみたい人にはうってつけの取引方法です!

koara
koara
もちろんメリットだけでなくデメリットもあります~

下記ではメリット・デメリットについて詳しく触れていきます。

ショート取引のメリット

ショート取引のメリット

bi-winning(ビーウィニング)のショート取引のメリットとは、以下のようになっています。

  • 資産を増やしやすい
  • 精神的なストレスが少ない
  • ペイアウト率が高め

ショート取引ではすぐに損益が分かるため、順調に勝ち続ければ短時間で資産を大きく増やせます。

これは最大のメリットと表現してもよく、勝率の高い人であればあっという間に稼ぐことも夢ではありません。

また、短時間で取引が終わるので、判定時間が長いとチャート表の動きに一喜一憂しやすいですが、判定時間が短いならすぐに結果が分かるのは気持ち的にも楽かもしれないです。

判定時間によってペイアウト率が変わるのはどこも同じですが、短めだとやや高めになっています。

koara
koara
少ない勝利数でも大きな利益が得られます~

ショート取引のデメリット

ショート取引のデメリット

バイナリーオプションでは短めの判定時間が人気ですが、実際に資金を投入する前にそのデメリットも理解しておくべきです。

  • テクニカル分析がしにくい
  • ギャンブル感覚で取引しやすい
  • 負けが連続すると資金を失いやすい

判定時間が短い場合、相場の流れは予測しにくくなります。

バイナリーオプションでもテクニカル分析が必須ですが、それがしにくいということは運任せになりやすく、自分の実力を発揮しにくいこともあります。

運任せになりやすいということは、ギャンブル感覚での取引にもなりやすいです。

バイナリーオプションは投資ではあるものの、ショート取引のようにすぐ結果が出ると白熱しやすく、つい無計画に資金を投入しやすくなります。

koara
koara
負けが連続して続くと、資金を失いやすくなります~

バイナリーオプションでは資金管理が必要ですが、損失の管理しやすさという意味ではロング取引のほうが簡単です!

ショート取引で勝つためのコツ

ショート取引で勝つためのコツ

ペイアウト率の高い取引方法ほど予想が難しいように、bi-winning(ビーウィニング)のショート取引もやや難易度は高めです。

その中でも少しでも勝ちやすくするコツについては以下をご参照ください。

  • できるだけ長めの判定時間を選ぶ
  • 得意な通貨ペアを探しておく

ショート取引にも判定時間に違いがあるのは説明した通りですが、できるだけ長めのものを選べば予想がしやすくなります。

たとえば5分の場合は判定時間まで多少の余裕があるため、リスク対策をしたい人にもおすすめです。

得意な通貨ペアであれば動きも予測しやすいため、当然ながら勝率は上がります。

普段からちょくちょく利用していて読みやすいと感じる通貨ペアがあれば、ショート取引の際も有効活用してみましょう。

不安ならクイックデモで練習してみよう

不安ならクイックデモで練習してみよう

ショート取引に興味があるけど、やっぱりいきなりのエントリーは不安…

koara
koara
クイックデモで練習してみるといいですよ~

人気のあるバイナリーオプション業者は練習用の機能を用意していますが、bi-winning(ビーウィニング)もきちんと対応しています。

公式サイトにアクセスしてから『クイックデモ』をクリックすれば、仮想口座を使った取引が開始されます。

仮想口座に入っている資金も仮想的なものであり、仮に負けたとしても実際の損害は発生しません。

クイックデモを使ってショート取引の練習をすれば、自分に合っているかどうかが分かります。

それに有効な手法を探すこともできるため、最初はクイックデモで勝率を確かめてみましょう。

デモ取引についてはこちらの記事を参考にしてください。

bi-winning(ビーウィニング)のデモ取引のやり方を解説します
この記事ではBi-Winning(ビーウィニング)の【デモ取引】について解説している記事になります。 本格的にバイナリーオプションを始める前にまずはデモ取引で練習したい方は参考にしてください。 口座登録不要でデモ取引が出来る Bi...

コメント

タイトルとURLをコピーしました