【2022年】おすすめの海外バイナリーオプション
詳細はこちら
ジェットオプション

ジェットオプションの退会方法を解説

ジェットオプションの退会方法を解説ジェットオプション

バイナリーオプション用の口座を作ったものの、もう使わないから退会したい…こんな風に考えている人はいませんか?そして多くのバイナリーオプション業者はきちんと退会方法についても案内しており、やめたいと思った時もスムーズに手続きが出来ます。

ただし、詐欺業者であれば退会ができなかったり、退会方法が分かりにくい業者も存在していたりします。

特に利用している人が少ないマイナーな業者であれば情報も少なく、「ここはどうやって退会するのか分からない…」と悩むこともあるかもしれません。

koara
koara
ジェットオプションも退会方法が分かりにくい事が多いため、今回はここをやめる方法について分かりやすく解説します~

バイナリーオプションでの退会は口座解約と呼ばれることも多い

バイナリーオプションを始める際は口座開設と呼ばれることが多いように、退会する場合は口座解約と表現されているケースが目立ちます。

もちろん退会という単語を用いて説明している業者もありますが、口座解約と検索しないと情報がヒットしないところもあります。

基本的にバイナリーオプションでは「口座を解約すると同時にアカウントが消えて退会扱いとなる」といった仕組みになっていますので、解約であっても退会と同じ結果になります。

koara
koara
もしも公式サイトのヘルプページで「退会方法が載っていない…」と感じたら、解約で検索してみて下さい~

こうした単語の違いは意外と多いため、問題解決の方法が見つからない時は類似単語での検索を試す価値があります。

ジェットオプションの退会方法について

ジェットオプションの退会方法はどうなっているのかですが、こちらは以下のような手順となっています。

  1. ジェットオプションの公式サイトへアクセス
  2. 画面上部のお問い合わせをクリック
  3. ご用件の欄で退会を選択
  4. メールアドレスとお問い合わせ内容を記入して送信
  5. 退会が完了したらジェットオプションから返信が届く

このようになっており、ジェットオプションでは問い合わせから退会の手続きができます。

退会専用のページは用意されていないので、これに気付かずに中々退会できない人もいます。

用件を退会にしておくのも大事ですが、メールアドレスはジェットオプションに登録しているものを使ってください。

手続きに時間がかかることがあるため、面倒を減らすためにも覚えておきましょう。

ジェットオプションは口座を放置すると維持手数料がかかるのに注意

「取引はしないけど、とりあえず口座だけ残しておこうかな?」

koara
koara
そんな考えをしている人はいませんか~?

問題ない業者も存在しますが、ジェットオプションでは口座を放置すると口座維持手数料がかかることに注意してください。

ジェットオプションは最終ログインから1ヶ月が経過した場合、口座維持手数料として1000円が差し引かれてしまいます。

1000円くらいなら…と思うかもしれませんが、放置する人は長期間ほったらかしにすることが多いため、意外と積み重なってしまう可能性も高いです。

koara
koara
ジェットオプションの場合は口座放置は考えず、不要になったらすぐに退会しましょう~

口座を残し続けるメリットはあるのか

「口座維持手数料がかかってもいいから、とりあえず口座だけ残しておきたい」…このように考えている人はいませんか?

もしもコストがかかってでも残したくなるようなメリットがあれば検討できますが、ジェットオプションにはそうしたものはありません。

ジェットオプションの口座は無料で作れますし、退会してもデメリットは特にないのでむしろ使わないまま残しておくほうが問題となります。

一部の業者は退会後の再登録ができませんが、ジェットオプションではそうした話も聞きません。

ジェットオプションはもう使わないと判断したら退会を行いましょう。

退会がスムーズにできない場合にチェックしたいこと

ジェットオプションの退会手続きは決して難しくありませんが、たまにスムーズに進まないこともあります。

その場合、以下の点をチェックして下さい。

  • 記入情報にミスがある
  • ジェットオプションからの返信が迷惑メールに判定されている

お問い合わせではメールアドレスや問い合わせ内容を記入しますが、そちらにミスがあれば正常に手続きできません。

先ほども説明したように、登録してあるアドレスを使う方が良いです。

ジェットオプションからの返信が迷惑メールになっている可能性もあります。

利用しているメールサービスやソフトによってはこうした問題も起こるので、返信が来ない時は迷惑メールボックスを見てみましょう。

ジェットオプションと違って口座を気にせず放置できる業者は多い

記事まとめ
ジェットオプションは手数料のせいで口座の放置ができませんが、こうしたコストなしでいつまでも放置できる業者も多く存在しています。

そう考えた場合、無理にジェットオプションを使う必要はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました