【2023年】おすすめの海外バイナリーオプション
詳細はこちら
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアで発生するノイズについて

ハイローオーストラリアで発生するノイズについてハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアは人気の高いバイナリーオプション業者なので、既に使っている方も多いと思います。みんなが使っていると聞くと逆に胡散臭く感じるかもしれませんが、投資をするなら評判のいい人気業者を使うのが鉄板ですので、無理に無名の業者を探す必要はありません。

ハイローオーストラリアは海外の業者なので不安に思われることもしばしばありますが、長い運営歴を誇っているように、信頼性については申し分ありません。

むしろ国内の業者よりも評判が良いことも珍しくないため、困った時はここを選びましょう。

ハイローオーストラリアを使えば勝てるというわけでもありません。どんな業者を使っていても負けることはありますし、その敗因を理解しておくのも大切です。

今回説明する「ノイズ」はそうした要因になり得るため、勝率を上げたい方は覚えておきましょう。

ハイロー・オーストラリア
ペイアウト倍率
約1.80~2.00倍
出金日
最短翌日
出金手数料
無料
デモ口座
有り
キャッシュバック
5,000円
25,000円
50,000円
最低入金額
5,000円or10,000円
取引時間
30秒/1分
3分/5分
15分/1時間
1日
営業時間
日本時間
月曜午前7:00〜土曜午前6:00

バイナリーオプションのノイズとは?

そもそもバイナリーオプションのノイズとはなんなのかですが、こちらは「チャート表で発生する瞬間的な大きい値動き」を指しています。

こうした動きは一瞬だけ起きてすぐに元の状態に戻ろうとすることが多く、本来の動きとは言い難いことからノイズ(雑音)と呼ばれています。

場合によってはダマシと呼ばれることもあり、基本的には歓迎されるものではありません。

むしろノイズによって負けてしまったという意見も多いように、堅実に勝ち続けたい人にとっては邪魔な存在になります。

ノイズのおかげで逆転したという意見も多少はあるため、状況次第では良い方向に動くかもしれません。

ハイローオーストラリアでもノイズが起こることはある?

こうしたノイズは業者によって起きやすさが変わるとも言われていますが、それは本当なのか?

そうなると評判のいい業者であるハイローオーストラリアは起こらなさそうに思えるかもしれませんが、そんなことはありません。

ハイローオーストラリアもそうですが、バイナリーオプション業者はチャートの配信会社から情報を受け取っているため、その配信元でノイズが起こればハイローオーストラリアでも起こります。

ハイローオーストラリアが使っているのは人気の配信企業であり、他の業者も使っていると考えたら、同じように起こることは考えられます。

「ノイズが絶対に起きない業者がいい!」と考えの方もいるかもしれませんが、それは難しいです。

ノイズの影響を受けやすい状況とは

ではこのノイズはどんな場合に影響を受けやすいのかですが、30秒取引といった短時間のトレードが顕著になります。

30秒のような短時間で結果が出る取引方法の場合、ノイズが発生するとそのまま判定時間を迎えるかもしれません。

そしてノイズは本来予測していた方向とは逆に動くケースが多いことから、ノイズが発生したまま取引を終えると負けているケースがほとんどです。

取引時間が短いほどノイズの影響は大きく、できるだけ起こらないに越したことはありません。

1時間などの長めの取引時間であれば、ノイズの影響は小さいです。

ノイズが発生してもまだ判定時間までに余裕があれば、そこに到達する前に元通りになります。

ノイズを攻略に活用することは可能?

たまにノイズを活かしてバイナリーオプションを制しようとする方もいるのですが、あまりおすすめはできません。

その最大の理由はノイズの発生理由にあり、実は正確な発生原因が分かっていないのです。

配信元の不具合が関係していることもあれば、投資家心理の極端な変動が関係しているとも言われています。

「こうすればノイズは起きる」という明確なものはありませんから、攻略に使うには厳しいです。

投資では不確定要素が減るほど勝ちやすくなるため、ノイズのような要素を活用するのは好ましくありません。

ノイズ対策について

もしもハイローオーストラリアにてノイズの影響を抑えるなら、以下のような対策を心がけてみましょう。

  • 長めの判定時間を使ってみる
  • トレンド相場では慎重にエントリーする

30秒や1分といった判定時間であれば、どうしてもノイズの影響が強くなります。

一方で15分などの長めの時間であれば影響は小さくなり、そこまで気にしなくとも良くなります。

トレンド相場だと値動きがはっきりしていることから、ノイズの影響が目立ちやすくなります。

こうした相場は一見すると勝ちやすくなるのですが、ノイズが不安であればタイミングや掛け金を調整して様子見してみましょう。

ノイズが起こるかどうかはデモトレードでも試せる

記事まとめ
そもそもノイズが本当に起こるかどうか分からない」場合は、デモトレードで試してみましょう。

ハイローオーストラリアではクイックデモを使うことでお試しの取引ができますが、デモ中であれば損失が発生しても自分のお金は減りません。

その中でノイズの発生があれば、安全に取引への影響が見極められます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました