【2023年】おすすめの海外バイナリーオプション
詳細はこちら
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアに登録したメールアドレスを忘れたら

ハイローオーストラリアに登録したメールアドレスを忘れたらハイローオーストラリア

スマホのメッセージアプリで連絡を取ることが多くなったため、メールを使ったやり取りはかなり減ってしまいました。一方、ビジネスやアカウント登録などにおいてはまだまだ必要であり、しばらくは完全に不要となることはありません。

バイナリーオプションを始める際もそれは同じで、大抵はメールアドレスの登録が必要です。

通販サイトなどと違って頻繁にメールマガジンが届くようなことはありませんし、もちろん悪用される心配もなく、気にせず登録しても大丈夫です。

ハイローオーストラリアを利用する際もメールアドレスを登録されたと思いますが、どのアドレスを登録したか思い出せない場合、どうすればいいのか?

こうした点が不安な方は、一度調べておくと安心出来ます。

ハイロー・オーストラリア
ペイアウト倍率
約1.80~2.00倍
出金日
最短翌日
出金手数料
無料
デモ口座
有り
キャッシュバック
5,000円
25,000円
50,000円
最低入金額
5,000円or10,000円
取引時間
30秒/1分
3分/5分
15分/1時間
1日
営業時間
日本時間
月曜午前7:00〜土曜午前6:00

ハイローオーストラリアを使うならメールアドレスが必須

すでにハイローオーストラリアを使っている方ならご存じかと思いますが、口座を開設する際はメールアドレスが必須です。

利用するサービスによっては任意登録の場合もあるのですが、ハイローオーストラリアの場合は最初に登録しないといけません。

なぜメールアドレスが必要なのかですが、これは『ログイン』『口座開設の確認』が主となっています。

ハイローオーストラリアにログインする際はメールアドレスとパスワードが必要であり、口座開設の際はメールに記載されたリンクをクリックしないといけません。

よってハイローオーストラリアを使いたいと考えているなら、フリーメールでもいいのでアドレスを一つは用意しておきましょう。

携帯電話専用のアドレスは使えないので、パソコンから使えるものを用意してください。

メールアドレスを忘れるとどうなる?

もしもハイローオーストラリアに登録したメールアドレスを忘れたらどうなるのかですが、ログアウトしていた場合は再ログインができなくなります。

先ほども触れたようにログイン時には登録したメールアドレスとパスワードが必要なので、これらは忘れないようにしないといけません。

ただし、ログインについてはメールアドレスの代わりにユーザーIDでも代用可能です。

もしもメールアドレスが覚えにくいと感じていた場合、ユーザーIDを記憶しておきましょう。

ただし、どちらも忘れないのがベストなのは、言うまでもありません。

ログインできないとあらゆる操作ができないわけですから、メールアドレスの重要性はすでに理解出来たと思います。

ログイン自体ができるのならそこまで心配しなくてもいい

ハイローオーストラリアに登録したメールアドレスを忘れてしまったとしても、ログイン自体ができるのならそこまで心配しなくても良いです。

すでにログイン済みであったり、ユーザーIDを覚えている場合、マイページに移動してください。

ハイローオーストラリアのマイページには登録した情報が記載されており、そこではメールアドレスも確認できます。

よってそこでアドレスを確認してメモに残しておけば、今後は忘れないように対策出来ます。

登録したメールアドレスは変更ができますので、忘れやすいアドレスを使っていた場合、もっと覚えやすいメインのアドレスに切り替えておくのもおすすめです。

ログインができない上にメールアドレスを忘れたらサポートに問い合わせるしかない

もしもログインができない上にメールアドレスも思い出せない場合、サポートに問い合わせるしかありません。

ハイローオーストラリアのサポート窓口は日本語にも対応しているため、英語に翻訳する必要はありません。

ユーザーIDとパスワードを忘れた場合は専用のフォームから操作できるものの、メールアドレスについてはそれらが用意されていないので、問い合わせ窓口に連絡するとどうすれば再ログインできるかを教えてくれます。

予想できている方も多いかもしれませんが、こうした手続きはやや面倒で時間もかかってしまうため、やはりメールアドレスは忘れないに越したことはありません。

登録したアドレスを忘れないためのコツ

記事まとめ
ハイローオーストラリアに登録したメールアドレスを忘れてしまいそうで不安なら、以下のコツを意識してみましょう。

  • パスワード管理機能を使う
  • メモ帳などに別途保存しておく
  • 普段から使っているアドレスを登録しておく

一番のおすすめは、パスワード管理機能を使うことです。

こちらはパスワードだけでなく一緒に登録したメールアドレスやユーザーIDなども管理できるため、マスターパスワード自体を忘れない限りは極めて安全です。

メモ帳などに別途保存しておくのもおすすめです。

デジタルでの管理が苦手なら紙のメモを使ってもいいですが、どんな方法であっても紛失しないような工夫を意識してください。

普段から使っているアドレスを登録するのも有りです。

あまり使わないアドレスだと忘れやすくなったり紛失しやすくなったりしますが、頻繁に利用しているアドレスであれば、そうした心配は軽減出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました