【2023年】おすすめの海外バイナリーオプション
詳細はこちら
ザ・オプション

引き分け時の扱いはどうなる?ザオプションの仕様

引き分け時の扱いはどうなる?ザオプションの仕様ザ・オプション

評判のいいバイナリーオプション業者は限られているため、ザオプションという業者名について聞いたことがある方は、なかなか多いのではありませんか?特に海外業者について調べていたら、この名前はしばしば見かけます。

ザオプションはペイアウト率が高く、お得なキャンペーンもしばしば行っているため、どんな方にもおすすめできます。

初めてバイナリーオプションをされる方はもちろんのこと、たくさん取引するヘビーユーザーからも好評です。

ザオプションですが、引き分け時の扱いについて気にされる方は意外と多いです。

バイナリーオプションでの引き分けとはなんなのか、そしてどんな仕様になっているのか、気になる方向けに詳しく解説していきます。

ザ・オプション-the option
ペイアウト倍率
約1.80~2.00倍
出金日
最短即日
出金手数料
bitwallet:出金額の4%
銀行口座:2,000円
※口座ランクによって無料
デモ口座
有り
キャッシュバック
5,000円
25,000円
50,000円
最低入金額
5,000円
取引時間
30秒/1分
3分/5分
15分/30分
1時間/22時間
23時間
営業時間
日本時間
平日:朝7時~翌日の朝6時

バイナリーオプションにおける引き分けについて

バイナリーオプションでは判定時間を迎えた際に価値が上がっているか下がっているかを予測するため、値動きがなければ引き分けと呼ばれる状態になります。

この引き分けを『同値判定』とも呼んでおり、基本的にはなかなか起こりません。

ただし、まったく起こらないわけではなく、値動きが鈍い際は比較的発生しやすくなります。

相場をレンジ相場と呼びますが、こうした状態は長く続くことが多いため、頻繁に取引される方なら引き分けを経験しやすくなります。

逆に取引の頻度が少ない場合、そこまで意識することはないかもしれません。

基本的には好ましい結果ではないので、同値判定にならないに越したことはありません。

同値判定時の処理は業者で違いがある

同値判定を迎えた際の処理についてですが、これは業者ごとに違いがあります。

バイナリーオプションは基本的なルールこそ同じですが、細かな違いは多数存在しており、いかにして自分に向いた業者を探すかがポイントです。

具体的には『同値判定で返金』と『同値判定で負け』の対応に分かれており、もちろん前者のほうが好ましいです。

後者の場合、単純に負ける要因が一つ増えてしまうとも考えられるため、利用者からすると好ましい仕様ではありません。

アップデートにて同値判定の処理が変わることもあるので、こうしたお知らせはなるべく目を通しておきましょう。

ザオプションは同値判定で返金(※取引方法による)

ザオプションの同値判定の処理はどうなっているかですが、『取引方法によっては返金』となっています。

ザオプションでは短期取引とハイロー取引に分かれていますが、ハイローの場合は同値判定で返金されます。

ザオプションにおけるハイロー取引とは比較的長めの判定時間を指しており、結果が出るまでに余裕があります。

判定時の数値も大きく動いていることが多いため、同値判定はなかなか起こらないものの、仮にそうなっても返金されるので安心です。

一方、短期取引では負け扱いになるため、取引回数を増やしたい方は注意が必要です。

同値判定で返金される場合の強みとは?

ザオプションのように同値判定で返金される場合の強みですが、『レンジ相場でも取引がしやすい』という点になります。

先ほども軽く触れましたが、レンジ相場は値動きが鈍いため、エントリー時と判定時間の数値がほぼ変わっていないことも予想されます。

値動きが予想されるニュースなども期待できない場合、同値判定の可能性は捨て切れません。

急にトレンドが発生することもありますが、投資は自分の都合だけでは動かないため、レンジ相場にも慣れておく必要はあります。

レンジ相場で取引する場合、同値判定で返金してもらえるのは、案外無視できません。

トレンド相場のみの取引なら重要視しなくていい?

バイナリーオプションでの投資スタイルはたくさんあり、人によってはトレンド相場のみ取引することもあります。

この場合は上がるか下がるかがはっきりしたタイミングでのみエントリーするため、予想を的中させやすいです。

そしてトレンド相場であれば、同値判定はなかなか起こりません。

急な反転もあり得るかもしれませんが、こまめにニュースを確認しつつ取引していれば、同値判定は気にしなくても大丈夫です。

そうなると、ザオプションの強みもあまり活かせません。

もちろんトレンド相場を活かすのはどの業者であっても大事なので「ザオプションはレンジ相場でのみ強い」とは思い込まず、勝てると思ったら積極的にエントリーしてください。

引き分けは早々起こらないが返金はうれしい

記事まとめ
何度も触れているように、バイナリーオプションでの引き分けは早々起こりません。

長く取引していればそうした機会は訪れますし、その際に返金してもらえるならそれに越したことはないので、同値判定時の処理はザオプションの強みです。

今後の変更によって変わる可能性は否定できないものの、その場合は事前にお知らせも届くので、現状はその強みを活かしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました