【2022年】おすすめの海外バイナリーオプション
詳細はこちら
ジェットオプション

ジェットオプションで利用できるショート取引について解説

ジェットオプションで利用できるショート取引について解説ジェットオプション

バイナリーオプションについて調べていると、ジェットオプションという業者について耳にすることがあるかもしれません。どちらかと言えばマイナーな業者ですが、運営開始からそれなりに経過しているため、詐欺業者というわけではありません。

シンプルな取引システムが特徴的であり、多機能化を進める人気業者と比較すると地味な印象は拭えませんが、バイナリーオプション初心者でもとっつきやすくなっています。

中でも人気とされる取引方法がショート取引であり、多くの人が関心を持っています。

koara
koara
ジェットオプションで利用できるショート取引とはどんなものなのか、分かりやすく解説していきます~

特に短期間で成果を出してみたい人は、チェックしておくと役立ちます。

バイナリーオプションにおけるショート取引とは

ショート取引という名称はジェットオプション以外でも使われており、バイナリーオプションの取引方法としては一般的だと考えておきましょう。

では具体的にどんな特徴があるのかですが、「判定時間が短くすぐに損益が分かる」というのが有名です。

その名前の通りすぐに取引が始まってすぐに終わるのが魅力であり、短期間でも高額な利益を狙うことができます。

多くの投資方法は成果が出るまでに多少の期間が必要になるものの、ショート取引なら数分ほどで高額な利益を得ることもあり得ます。

一方で連続して負けると損失も膨れ上がることから、資金管理などのテクニックも欠かせません。

ギャンブル感覚で投資をしていると、すぐに資金を使い切る可能性があります。

ジェットオプションのショート取引の概要

ジェットオプションのショート取引について簡単にまとめると、以下のようになります。

  • 判定時間は30秒・60秒・120秒の3種類
  • 全ての取扱銘柄が利用可能

ショート取引は判定時間が短いと書いたように、ジェットオプションでもそうした特徴は概ね同じです。

最短で30秒後には結果が出るため、連続して利益を出せたら短時間で資産を形成することも出来ます。

また、ショート取引では利用できる銘柄が限られている場合もあるのですが、ジェットオプションの場合は全ての取引銘柄でショート取引ができます。

元々の取扱銘柄が少ないものの、この点はメリットです。

ショート取引の使い所とは

ジェットオプションでのショート取引の使い所についてですが、主に以下のようになっています。

  • トレンド相場に突入している時
  • すぐに利益を出してみたい時
  • 短期間でボーナスの出金条件を満たしたい時

バイナリーオプションにおけるトレンド相場とは、「上がるか下がるかの値動きがはっきりしている状態」を指しています。

例えばしばらく上がり続けることが明白であれば、ハイでエントリーすることで勝率も上げやすくなります。

そして先ほども触れたように、ショート取引ならすぐに利益を出すこともできます。

投資って時間がかかるけど、できるだけ早く儲けたい…

そんな時はショート取引がオススメです。

また、ジェットオプションでは高倍率のボーナスがもらえますが、こちらを出金するなら「ボーナス額の20倍の取引」が必要になります。

この条件を短期間で満たしたい場合、ショート取引は非常に役立ちます。

最初は掛け金を少なめにしてテストすべし

すでにご説明したように、ショート取引はリターンが大きいもののリスクも大きくなっています。

すぐに利益を出せるからということでいきなり高額な掛け金を設定していると、あっという間に資金が尽きてしまうかもしれません。

koara
koara
最初は掛け金を少なめにしてテストしてみましょう~

ジェットオプションでは最小の掛け金が100円となっているため、リスクを極限に抑えつつ取引の練習ができます。

もしも連続で負けたとしても、掛け金が100円なら損害は限定的です。

そして安定して勝てるようになってきたら掛け金を増やし、本格的に利益を狙ってみましょう。

ジェットオプションのショート取引は選べる判定時間が少ない?

ジェットオプションは取扱銘柄数が少ないと書きましたが、ショート取引で選べる判定時間も少なめとなっています。

ジェットオプションでは3種類しかありませんが、業者によっては30秒から5分といったようにより幅広い時間で取引出来ます。

もちろん3種類でも十分と感じる方もいらっしゃると思いますが、選べる判定時間が多いほど取引スタイルにも幅が出ます。

自分に合った時間も選びやすくなりますので、もっと選択肢が欲しい方は別の業者もチェックしてみましょう。

ショート取引がしたいなら別の業者も検討してみよう

記事まとめ
ショート取引はジェットオプションの専売特許というわけではなく、他の業者も取り扱っています。

そしてジェットオプションよりも良い条件で投資ができるところも多いので、短時間の取引がしたい方は別の業者も検討してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました