【2022年】おすすめの海外バイナリーオプション
詳細はこちら
ゼン・トレーダーハイローオーストラリア

ゼントレーダーとハイローオーストラリアを比較

ゼントレーダーとハイローオーストラリアを比較ゼン・トレーダー

バイナリーオプション業者は複数存在しているため、時には「この業者とあの業者だと、どちらがいいのかな?」と比較することもあります。そうした行為は決して無駄ではなく、理想の業者探しに役立つのは間違いありません。

そして日本で人気の業者と言えばハイローオーストラリアであり、すでに使ったことがあるという方も多いです。

海外の業者ということで不安に感じる人もいるかもしれませんが、多くの実績があることから心配せずに使えます。

同じ海外業者としてはゼントレーダーも人気が高まっています。

ハイローオーストラリアに比べると少し知名度が控えめとなっていますので、今回は双方を比べてどちらがいいのかを調べてみました。

ハイロー・オーストラリア
ペイアウト倍率
約1.80~2.00倍
出金日
最短翌日
出金手数料
無料
デモ口座
有り
キャッシュバック
5,000円
25,000円
50,000円
最低入金額
5,000円or10,000円
取引時間
30秒/1分
3分/5分
15分/1時間
1日
営業時間
日本時間
月曜午前7:00〜土曜午前6:00
ゼン・トレーダー-zentrader
ペイアウト倍率
1.60~1.95倍
出金日
1~3営業日
出金手数料
無し
デモ口座
有り
キャッシュバック
5,000円
25,000円
50,000円
最低入金額
5,000円
取引時間
30秒/1分
3分/5分
15分/30分
1時間/2時間
4時間
営業時間
平日:24時間
土日:9時~17時

ハイローオーストラリアの主な特徴

まず最初に、ハイローオーストラリアの主な特徴から見ていきましょう。

  • 拠点はセントビンセント及びグレナディーン諸島にある
  • 日本語対応済み
  • 何度か撤退の噂が広まった

ハイローオーストラリアは日本で暮らしているとあまり見聞きしない企業だと感じるかもしれませんが、それもそのはずで本社はセントビンセント及びグレナディーン諸島にあります。

インターネットを使わない限りはなかなか目にしません。

海外のバイナリーオプション業者ということで日本語の対応状況が不安になるかもしれませんが、公式サイトは日本語表記が可能です。

そしてサポート窓口も日本語にしっかりと対応しているため、困った時もすぐに相談出来ます。

ハイローオーストラリアは長い運営年数を誇っていますが、これまでに何度か撤退の噂が広まりました。

その度に不安になった方も多いのですが、現在も普通に営業しているように、すぐにサービスが停止されることはありません。

ゼントレーダーの主な特徴

続いて、ゼントレーダーの主な特徴について触れていきます。

  • 拠点はセントビンセント及びグレナディーン諸島にある
  • 日本語対応済み
  • サービス開始直後は安定性に問題があった

意外かもしれませんが、ゼントレーダーの拠点もセントビンセント及びグレナディーン諸島にあります。

実はこのエリアは金融に関する企業が拠点としていることが多く、ゼントレーダー以外のバイナリーオプション業者も営業しているのです。

そしてバイナリーオプション業者からすると日本は魅力的なマーケットなのか、ゼントレーダーもしっかりと日本語対応を済ませています。

これはサイト表記が日本語なのはもちろんのこと、サポート窓口も日本語に応じてくれます。

ゼントレーダーはハイローオーストラリアに比べると新しい業者ということもあり、サービス開始直後は安定性に問題があると指摘されていました。

現在は大幅に改善されたものの、過去に使って「使い物にならない…」と感じた人がいるかもしれません。

最低&最高取引額の違い

ハイローオーストラリアとゼントレーダーを比較すると、最低及び最高取引額に目立った違いがあります。

それを数字で説明すると、以下になります。

ハイローオーストラリアの最低&最高取引額

  • 最低取引額=1,000円
  • 最高取引額=200,000円

ゼントレーダーの最低&最高取引額

  • 最低取引額=500円
  • 最高取引額=100,000円

このようになっており、ゼントレーダーのほうが少ない金額で試すことができます。

バイナリーオプションでは予想が外れると掛け金が没収されるため、少額から試したい方には嬉しいポイントです。

ただし、最高取引額についてはハイローオーストラリアのほうが上になっています。

掛け金が大きいほどリスクが上昇するのは間違いないものの、その分利益も大きくなることから、予算に余裕がある方ならハイローオーストラリアのほうが好都合です。

運営歴の違い

バイナリーオプション業者はそれぞれ運営開始の時期が異なっており、ハイローオーストラリアとゼントレーダーでは以下のような違いがあります。

  • ハイローオーストラリア=2010年より運営開始
  • ゼントレーダー=2018年より運営開始

ハイローオーストラリアはすでに10年以上(2022年10月現在)が経過しており、実績についても十分積み重ねてきています。

長く営業してきたということはすぐに撤退する心配も少ないですし、初心者から上級者まで安心できるポイントだと言えます。

一方、ゼントレーダーは2018年と運営年数が浅く、実績に関してはハイローオーストラリアとかなり差が開いています。

どれだけ条件が良くとも撤退してしまえば意味がないため、こうした点だけでゼントレーダーを避ける人もいます。

現状はハイローオーストラリアのほうが人気?

記事まとめ
入出金方法の豊富さなどはゼントレーダーのほうが勝っているものの、運営年数を始めとした総合力ではハイローオーストラリアのほうが上回っており、こちらのほうが人気となっています。

よってどちらにすべきか悩んだら、まずはハイローオーストラリアから試すといいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました