【2022年】おすすめの海外バイナリーオプション
詳細はこちら
ザ・オプション

MT4は必要?ザオプションのインジケーター機能について解説

MT4は必要?ザオプションのインジケーター機能について解説ザ・オプション

ザオプションはマーシャル諸島共和国に拠点を持つバイナリーオプション業者であり、日本国内の規制には影響を受けないことから取引しやすいと評判です。

金融庁の認可こそ受けていないものの、現地の法人組織として認められていることから安全性も高いです。

ザオプションはただ単に使いやすいというだけでなく、取引に便利な機能もいくつか備えています。

人気の海外業者はどこも同じに見えるかもしれませんが、実際はそれぞれに個性があり、中には独自機能をプッシュしているところもあります。

ザオプションの場合はインジケーター機能が評価されていますが、これはMT4という人気ツールでも代用できます。

そうなるとどちらを使うべきか悩む方もいるかと思いますので、今回はザオプションのインジケーター機能と比較して考えてみましょう。

ザ・オプション-the option
ペイアウト倍率
約1.80~2.00倍
出金日
最短即日
出金手数料
bitwallet:出金額の4%
銀行口座:2,000円
※口座ランクによって無料
デモ口座
有り
キャッシュバック
5,000円
25,000円
50,000円
最低入金額
5,000円
取引時間
30秒/1分
3分/5分
15分/30分
1時間/22時間
23時間
営業時間
日本時間
平日:朝7時~翌日の朝6時

バイナリーオプションで使えるインジケーターについて

初めてバイナリーオプションの口座を作る場合

「インジケーターってそもそもどんなものなの?」

koara
koara
と気になる人は多いかもしれません~

こちらは簡単に言うと『さまざまな法則などを元に今後のエントリータイミングを予測してくれる機能』です。

インジケーターを使わずともニュースチェックやこれまでの経験や知識を元に予測はできるものの、毎回自力で行うのはとても大変です。

しかしインジケーターを使えば少ない手間で予測ができることから、素早く正確なエントリー出来ます。

もちろんインジケーターは万能ではなく、ときには予想外の方向へ動くこともあります。

インジケーターにはそれぞれ得手不得手がありますので、組み合わせることで苦手な場面も減らせます。

インジケーターを表示するならMT4が人気

インジケーターを表示するには専用のツールが必要ですが、その際に人気が高いのがMT4です。

正式名称はMetaTrader4(メタトレード4)であり、ロシアのMetaQuotes(メタクオーツ)が開発している無料のテクニカル分析ツールとして広く使われています。

一般的にこうしたツールは有料のもののほうが高性能だと思われがちですが、それは一概に言えません。

MT4は無料でありながらも非常に高機能であり、拡張性にも優れていることから何年も前から愛用されています

現在は後続ツールであるMT5もリリースされていますが、拡張性だけで言えばMT4が上なのでまだまだ古いツールを使い続ける人もたくさんいます。

ザオプションなら取引画面内にインジケーターが表示できる

インジケーターを表示するなら専用ツールが使われやすいものの、実はザオプションであれば取引画面内にインジケーターが表示できます。

表示方法も簡単で、『インジケーターを追加』をクリックして任意のインジケーターを選ぶだけでOKです。

取引画面内に表示できるということは、他のツールを使わずにインジケーターをチェックできるというメリットがあります。

ブラウザさえあればすでにテクニカル分析用の環境も整っていると言えますので、バイナリーオプションを始めるための敷居は大きく下がります。

近年はザオプション以外にもインジケーターに対応した業者が登場しており、取引画面の高機能化は業界のトレンドと言ってもいいかもしれません。

ザオプションの機能とMT4ならどっちがいい?

ザオプションのインジケーター機能とMT4のどちらがいいのかですが、利用環境や取引スタイルによって変わります。

koara
koara
それらをざっくり分けると、以下の様になります~

ザオプションのインジケーター機能がおすすめの人

  • バイナリーオプションを始めたばかりの人
  • 利用するインジケーターの種類が少ない人
  • 取引に使うパソコンのモニターが狭い人

MT4がおすすめの人

  • より高度な取引がしたい人
  • 複数のインジケーターを使いたい人
  • 大きなモニターを使っている人

バイナリーオプションを始めたばかりの人や少数のインジケーターを試してみたい人は、ザオプションの取引画面だけでも十分です。

必要最低限という表現がピッタリですが、その分簡単にインジケーターが導入できます。

koara
koara
もしも高度な取引をしたい場合、MT4の方が出来る事も大きく増えます~

長年テクニカル分析ツールとして開発されてきただけあり、利用できるインジケーター数も圧倒的です。

また、複数のアプリを起動する都合上、パソコンのモニターサイズも関わってくるのは意識してください。

スマホだと真価が発揮できない?

記事まとめ
ザオプションはスマホからでも利用できるものの、インジケーターも含めた機能全般の真価が発揮しにくくなります。

スマホだと小さな画面で操作しないといけない都合上、表示できる範囲や操作数も大きく変わってしまいます。

軽くエントリーする程度なら問題ありませんが、表示されている情報が少ないこともあり、インジケーターとの相性がイマイチなのは覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました