【2022年】おすすめの海外バイナリーオプション
詳細はこちら
bi-winning

bi-winning(ビーウィニング)の口コミ/評判は?

bi-winning(ビーウィニング)の口コミは?bi-winning

バイナリーオプションの業者を選ぶ場合、口コミをチェックすれば良し悪しも分かります。

koara
koara
口コミには実際に利用した人の意見も多いので信憑性があります~

最近はバイナリーオプションを始める人が多いこともあり、関連した口コミも簡単に見つけられます。

どちらかと言えば人気業者のほうが口コミ数も多い傾向にありますが、マイナーな業者であってもそれなりに見つかることがあります。

bi-winning(ビーウィニング)は近年になって利用者が増えてきたように、それに伴って口コミも増加しています。

koara
koara
今回は主な口コミを調べてみたので、bi-winning(ビーウィニング)の利用を検討している人は参考にしてください~
bi-winning
ペイアウト倍率
約182%~188%
デモ口座
有り
キャッシュバック
  1. 初回入金時5,000円
  2. 毎月取引額に応じた金額
  3. 養分キャッシュバック
  4. 極上養分キャッシュバック
  5. 稀にあるVIPボーナス
  6. 低確率で貰えるジャックポットボーナス
最低入金額
5,000円
銀行振込のみ
取引時間
1分/3分
4分/5分
10分/15分
20分/25分
30分/45分
60分/14時間
21時間

bi-winning会社情報

業者名Bi-Winning
運営会社KALI-KONEK CORPORATION
所在地フィリピン
BLK 69 LOT 42 BEGONIA STREET,
RIZAL CITY OF MAKATI FOURTH DISTRICT,
PHILIPPINES
金融ライセンスなし
取引方法ハイロー
ペイアウト倍率最大88%
取扱銘柄
  • 通貨ペア:23銘柄
  • 株式:33銘柄
  • 貴金属:2銘柄
  • エネルギー:2銘柄
  • 株価指数:5銘柄
  • 仮想通貨:20銘柄
判定時間
  • ショート:1分〜5分
  • ロング:10分〜21時間
途中売却
最低購入額500円
口座維持手数料無料
最低入金額5千円
入金手数料無料
最低出金額1万円
出金手数料無料
ボーナス期間限定開催
問い合わせ方法メール
受付時間平日24時間
デモ口座あり

同値判定で払い戻しは嬉しい

バイナリーオプションにて判定時刻の価格がエントリー時と同じ場合、同値判定と呼ばれます。

そして『同値判定は負け扱い』としているところは多く、掛け金が没収されるパターンも少なくありません。

ですが、bi-winning(ビーウィニング)は同値判定で払い戻しになっており、利益は出ないものの損失を被ることもありません。

つまりは仕切り直しができるということでもありますから、単純に考えると『負け扱いの業者よりも負ける確率が減らせる』。

koara
koara
同値判定で払い戻してくれる業者は貴重なので、この点を高く評価する口コミは多かったです~

暗号通貨なら土日でも取引できて便利

バイナリーオプションを取り扱う業者はそれぞれで営業日が異なっており、土日は休みとしているところが目立ちます。

日本でも土日休みの方は多いので「土日でも取引できたら便利なのに…」と考える人はいます。

実はbi-winning(ビーウィニング)は暗号通貨での取引も出来ます。

土日でも相場が動いているため、平日と同じようにエントリーができます。

つまり土日でも利益を出せるチャンスがあるため、平日は忙しいという人でも取引しやすいです。

暗号通貨は値動きが激しい銘柄となっていますので、安定して勝つには慣れが必要です。

koara
koara
デモトレードでも試すことができるため、土日でも取引したい方はまず練習から始めてみましょう~

Bi-Winningデモ取引はこちら

bi-winning(ビーウィニング)のデモ取引のやり方を解説します
この記事ではBi-Winning(ビーウィニング)の【デモ取引】について解説している記事になります。 本格的にバイナリーオプションを始める前にまずはデモ取引で練習したい方は参考にしてください。 口座登録不要でデモ取引が出来る Bi...

500円から取引できるので資金が少なくても始めやすい

エントリーに使える最小の金額というのは、バイナリーオプション業者によって違いがあります。

バイナリーオプションは小口投資にも向いていることから小さめの金額に対応したところもあります。

bi-winning(ビーウィニング)も500円から取引可能です。

大体のバイナリーオプション業者が1000円以上としている中で、bi-winning(ビーウィニング)の500円というのはインパクトがあります。

掛け金が小さいと利益も小さくなってしまいますが、元手が少ない人にとってはチャンスにもつながります。

仮に500円でのエントリーであっても勝てば利益を得られますし、それを元にまた投資して勝てばいつかは資産になる…

こうした考え方も、バイナリーオプションでは重要です。

取引画面が多機能で使いやすい

専用の取引ツールを用意した業者も存在しますが、多くの場合は公式サイトにログインしてから取引を行います。

そしてこの取引画面というのも業者ごとの個性が出やすくなっており、bi-winningの場合は多機能で使いやすいと評判です。

bi-winning(ビーウィニング)では『インジケーター』と呼ばれる機能を内蔵しており、こちらを利用すれば特定の法則に従ってエントリーのタイミングを教えてくれます。

本来はテクニカル分析ツールで使える機能なのですが、bi-winning(ビーウィニング)の場合は取引画面だけで完結します。

もちろんテクニカル分析ツールの方がより高機能となっていますので、bi-winning(ビーウィニング)の取引機能では物足りなくなったらそちらを使ってみるのも有りです。

悪い評判もある?

bi-winning(ビーウィニング)にはなかなか良い評判が多いのですが、いくつかの悪い評判もあります。

たとえば運営期間が短いことからサイトが不安定になりやすく、そのせいで約定が拒否された…。

また、まだ新しい業者ということはそれだけ運営実績も少なく、「本当に使い続けていいのかな?」という不安につながります。

こればっかりは時間が経過するしかないのですが、すでに長年の実績がある業者が多いのも逆風となっています。

まとめると『運営実績が少ないことによる不安と問題点』が低評価につながりやすくなっているので、今後の改善次第でまた口コミも変わってくると思われます。

Twitterの評判

bi-winning(ビーウィニング)はこれからの成長も楽しみな業者

記事まとめ

運営実績こそ少ないものの、ユーザーの意見を積極的に取り入れていることから、bi-winning(ビーウィニング)はこれからの成長も楽しみな業者だと言えます。

インジケーターが使える取引画面などは先行業者でもなかなか見かけないので、大きなアドバンテージとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました