【2022年】おすすめの海外バイナリーオプション
詳細はこちら
ゼン・トレーダー

ゼントレーダーの口コミについて調べてみた

ゼントレーダーの口コミについて調べてみたゼン・トレーダー

バイナリーオプション業者を選ぶ際、どんな基準でチェックしていますか?投資に慣れている方であれば自分なりの基準を持っているかもしれませんが、初心者の方だと「自分ではなかなか判断できないし、口コミを参考にしようかな」と考えるかもしれません。

口コミを見る場合であっても最低限の知識は欲しいものの、評判がいいところであれば誰が使っても満足しやすいため、まずはそうした評価からチェックするのも間違いではありません。

少なくとも、詐欺業者を回避するにはぴったりの情報でしょう。

ネット上にはバイナリーオプション業者に関した口コミが多く、それら全てに目を通すのは大変です。

そこで今回はゼントレーダーの主な口コミについて調べてみたので、どんな業者なのか気になっている方は参考にしてください。

ゼン・トレーダー-zentrader
ペイアウト倍率
1.60~1.95倍
出金日
1~3営業日
出金手数料
無し
デモ口座
有り
キャッシュバック
5,000円
25,000円
50,000円
最低入金額
5,000円
取引時間
30秒/1分
3分/5分
15分/30分
1時間/2時間
4時間
営業時間
平日:24時間
土日:9時~17時

入出金の方法が豊富

ゼントレーダーの特徴としては、「入出金の方法が豊富」というものがあります。

人気の高い海外業者は他にもありますが、入出金の方法が少ないところが多くなっており、そんな中でゼントレーダーは高い評価を得ているでしょう。

具体的には、以下の方法を利用できます。

  • クレジットカード(入金のみ)
  • ターボ入金(出金も可能)
  • CURFEX
  • ビットコイン
  • bitwallet

入金はまだしも出金については銀行振込にしか対応していないところも多い中で、ゼントレーダーは豊富な方法を用意しています。

出金先を複数持っている人にも嬉しいでしょう。

さらに、ゼントレーダーでは入出金の手数料を請求していないため、お金を入れる際も引き出す際も負担を最小限にできます。

ライセンスを取得しているので安心できる

金融業を行うなら、専用のライセンスが必要…ではありますが、実は海外業者にはそうしたライセンスを取得していないところも多く、「ここは本当に使ってもいいのかな…」と悩む一因になっています。

そんな中、ゼントレーダーは拠点であるセントビンセント及びグレナディーン諸島にてライセンスを取得しており、安全性についてはきちんと評価されています。

ライセンスなしでもちゃんと使える業者はありますが、それでもゼントレーダーのように取得しているほうが安心です。

日本の金融庁からすれば未認可の業者ではありますが、使うこと自体に違法性はありませんので、ゼントレーダーが気になっている方は安心して登録出来ます。

キャッシュバックの出金条件が簡単

バイナリーオプション業者はキャッシュバックを用意していることが多く、口座を作るだけでもらえるケースも珍しくありません。

一方、こうしたキャッシュバックでもらえた残高は出金条件が厳しかったり、そもそも取引にしか使えないというケースもあったりします。

ですが、ゼントレーダーのキャッシュバックは出金条件が簡単だと好評です。

具体的には「キャッシュバック額と同じ金額の取引」となっており、例えば10,000円のキャッシュバックであれば10,000円分の取引で出金条件を達成出来ます。

キャッシュバックによっては出金自体ができないこともあります。

その場合も取引には利用できるので、もらっておいて損はしません。

まだ運営年数が浅く実績が少なめ

ゼントレーダーの口コミには好意的なものも多いのですが、否定的な意見もあります。

例えば「運営年数が浅いので実績が少なく不安」という声は意外と多く、これについては先行している他社に比べて気になってしまいます。

ゼントレーダーは2018年から運営を開始しており、他の有名どころはその10年近く前から営業している会社もあると考えたら、「本当にゼントレーダーは今後も運営できるのかな?

と不安になるのも無理はありません。

こうした問題については時間が解決するしかないものの、あと数年ほど運営が続ければさほど気にならなくなります。

同値判定は負け扱いとなる

バイナリーオプションは判定時間の際に価値が上がっているか下がっているかを予測する投資方法なので、そうなると「もしもエントリー時と判定時間の価値が同じだとどうなる?

こうした状態を同値判定と呼んでいますが、この際の対応は業者により変わります。

返金してくれるところもあるのですが、ゼントレーダーは負け扱いとなって掛け金は完全に没収されてしまいます。

これは値動きの少ない相場では欠点になり得ますが、同値判定は頻繁には起こらないため、気になるという人とそうでない人に分かれています。

まだ新しい業者だが独自の魅力を備えている

記事まとめ
ゼントレーダーはまだ新しい業者であり、もっと実績が欲しいという声はあります。

一方で他社にはない独自の魅力を備えているのも事実であり、後発業者らしい創意工夫を感じられます。

「これまでのバイナリーオプション業者とは違うところを選びたい!」方であれば、ゼントレーダーのシステムには惹かれるものがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました